読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花びらを数える日々

チラシの裏、ときどき星の屑

3日だけでも続ける/お題「2017年にやりたいこと」

今週のお題「2017年にやりたいこと」

少し早いけれど、お題「2017年にやりたいこと」について、思うところがあったので書こうと思う。
と言うよりも、書こうと思ったことがちょうどこのお題に合っていたのだ。

2017年はこのブログを読書感想文ブログにする

本を読んで、その本の感想を書いていきたい。
理由は二つある。

  1. 本をもっと読むべきだと感じている/本を読みたい
  2. ブログを書きたいが書くことがない

ありがちだけど、僕にとっては切実な理由だ。

僕が本を読むべき理由

冬が始まる頃から、僕は在宅ワーカーになった。通勤時間は無くなり、自由に扱える時間も増えた。
そして、同時に人と会う機会が減った。人と話をすることも当然少なくなった。

本を読むことは、著者との会話だと思っている。
僕は基本的に人が好きな人間で、できることなら、生身の人間と対面で話すのが望ましいのだけれど、人と会うのはなかなか難しい。
だから、本を読むことが、多少でもその代わりになればと思っている。

ブログの題材がない、という問題についても、これは単純にインプットが少ないためだ。
日々一人で仕事をしていると、ブログに書けるような発見も得られなくなってくる。業務上かけないことも多いし、仕事のことをブログに書くのは正直気が進まない。 だから、仕事以外でインプットを増やしたい。一番簡単な方法として思いついたのが、本を読むことだ。

どのように実行するか

僕は三日坊主である。やろうと思ってもなかなか続かない。システムの構築が必要だ。
決まりを作ろう。

決まりというものは宗教の儀式に似ている。不条理に見えても、人を鍛える。

  • ブログは毎日更新する
  • 一週間に5記事は本に関する内容にする
  • 毎週続けている日曜の定点観測は継続する
  • 週一日は自由にブログを書く日にする

基本的に平日は読んだ本に関する記事を書こう。土日は自由だが、うち一日は定点観測、つまり自分の一週間を見つめ直す日に設定する。
飲み会や付き合いで夜自宅にいない場合は、書くのが辛い。だから、有給のような仕組みを作る。二週間に一度は、平日に更新をしなくてもいいことにしよう。
また、書けない日が続くことも考えられる。書けない日は、前日に予約投稿しておくか、翌日に2記事更新しても問題ないことにしよう。自分に甘いのはよくないけれど、少しゆるいくらいの方が、きっと続けられる。何にせよ、続けることが大事だ。

あ、あとデートの日は更新しなくてもいいことにしよう。相手はまだいないけど。