読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花びらを数える日々

チラシの裏、ときどき星の屑

カーナビに憧れる秋の夜

カーナビは素晴らしい。
カーナビには仕事の仕方を学ぶことができる。いや、学ばなくてはならない。

カーナビの目的地は明確だ。
一方、僕は目的地が曖昧なことばかりだ。
カーナビは、決められた目的地に向けて最適な道を導き出す。
一方、僕は最適な道がわからない。なんとか考え出したとしても、間違っていたり結論を出すのが遅かったりする。
カーナビは途中道を逸れたり、状況が変わった際にはすぐさま再計算し、目標までとにかくたどり着こうとする。
一方、僕は道を外れたことに気付くことさえできないか、気づいたところで修正にも時間がかかる。
カーナビは目的を達成するときちんとそれが分かる。
一方、僕は自分が目的を達成したかどうかも判断に困ることがある。

カーナビは多くの人に信用され、彼らの期待に応えることができる。
一方、僕はどうだろう?

カーナビさん、今日から師匠と呼ばせてもってもいいでしょうか。僕は車の免許すら持っていないけど。