花びらを数える日々

チラシの裏、ときどき星の屑

雑記

名作に再び出会う/祝「サイボーグクロちゃん」電子書籍化

本のいいところは、読み返すたびに違う景色を見せてくれるところだ。 自分の心の有り様によって、同じ言葉でも別の意味に感じられる。 作品に描かれたものの真意はわからない 小学生の頃の国語のテストで、筆者の気持ちを考える、という問題があったように思…

とりあえずe4

僕たちに与えられた自由は、チェスの駒の動かし方に似ている。 自由というのは、選択の自由のことだ。 どんな手を指すかという決定権は与えられているが、実は選択肢は限られている。 無限に近い広がりを見せるゲームでも、その場その場で盤面を見ていくと、…

僕にできることなんか「  」だけ

僕にできることなんか、いつもの喫茶店でコーヒー飲みながら君を待ってるだけ……。 TOKIOのラブラブ マンハッタンは個人的に名曲だと思う。幼い頃に聴いたせいかもしれない。周囲にわかってくれる人はいない。 僕にできることが何か考えていた。考えても仕方…

頭よくなりたい その2

前回は、僕の求める頭の良さが記憶力ではなく、他者や周囲にどのような影響を与えられるかで計られる、ということがわかった。 ただ、果たして本当にそうだろうか。 今の僕は、こう疑っている。記憶力そのものは僕の求める頭の良さではなくても、周囲に影響…

寒さにも負けず、運動不足にも負けず

体力の衰えを実感した一日。 友人とランニングを始めた。数年前は余裕を持って走れた距離なのに、今日同じ道を走りきった後、僕は多分死にそうな顔をしていた。 最近集中力が足りないのは、もしかしたら、運動不足による体力の低下が原因かもしれない。 この…

頭よくなりたい

僕は頭がそこまで良くない。頭よくなりたい、と思うのだから、きっとそうなのだろう。 「難しい」は「やり方を知らない」と同義であることがしばしばある。僕は頭を良くするのは難しいと思っているけれど、それはもしかしたら、単にやり方を知らないだけなの…

いいところを見せたくて、寒さに震える冬の夜

今日の夜に大切な人と会う約束があって、そわそわしている。 別にデートとかじゃないけれど、いいところを見せたい相手だ。 今夜は多分ブログを更新する時間がないし、仕事は手につかないし、少しだけ今の心情を分析しよう。 まず、どうあるべきか。男は冷静…

流れるプールの流れを変える決意

また流されている。 ある人が言った。人生は川のようなものだと。とめどなく流れ、流され、別れて、つながる。 人に会うと、その人の目を通して自分を見つめ直すことができる。 自分で自分の肩甲骨を眺めることができないように、僕は自分のことを本当は把握…

時速1400キロの一日

生活に変化がなくて、インプットが少ないせいであまりに書くことがなくて、だから今日感じたこと、誰の役にも立たないことをまた情報の海に放流する。 家の近くを流れる川を、最近はよく眺めに行く。 この時期は夕方4時頃になると空がオレンジ色を帯びてきて…

今日知ったこと。もう知っていたかもしれないこと。

たとえ人の気持ちがわかったとしても、それでも自分にはどうすることもできないことがあるのだと、知った。 またすぐ忘れてしまうのだろうけど、今日はそんな出来事のあった日だった。

自分と向き合いたい火曜日の夜

自分のことを書こうと思う。誰の役にも立たない記事だ。でも、僕のために書く。 「自分のことは自分が一番わかっている」という、本当は自分のことさえわかっていない人がよく使いそうなセリフを、今日使ってしまったから。 実際僕は、自分のことをわかって…

体調不良のなおしかた

寝れば大体の問題は解決する。

// ループ開始

変わり映えのしない一日。そんな日が続くと、何かを変えなくてはならないと感じる。 でも、何を変えれば良いのか、どう変えれば良いのか、わからない。 わからないから考えなくてはならない。 でも、どう考えれば良いのか。 問題を解決する簡単な方法を知っ…

整理体操

思い出した。僕はものを書くことが苦手だ。 小学生の頃から、作文とかが大の苦手だった。400字の原稿用紙が、当時の僕には苦痛を感じる対象だった。書くのが苦手だから、改行を増やしたりうまく漢字とひらがなの使い分けを考えて、文字数が少なくても原稿用…

準備ができるまで、玄関先で待っていてもらおう。/お題「冬支度」

お題「冬支度」 昨日は、冬に聞く音楽のプレイリストを作った。思えばこれは、今年最初の冬支度だ。 今日は、クローゼットに眠っていたスーツ用のロングコートを出した。 明日には、通販で注文した普段使いのチェスターコートが届く。 どれも日常の中の一つ…

Present for me

11月が終わる。 風の冷たさや空気の乾き具合が、いよいよ冬らしくなってきた。 プライベートな時間は、自分のために何かをする時間だ。そして、その時間の過ごしかたは、大きく二種類に分けられる。 一つは、今日の自分のために、何かをする過ごしかた。 も…

古き良き文化的な交流に憧れる

今日は仕事でサイトの表示速度の向上を行っていた。 半日かけて新しい技術を取り入れた。実際に向上した速度は一秒にも満たないけれど、ユーザーはそれを求めているらしい。Googleが言っていたのだから、多分そうなのだろう。 遅いことは不快だ。 人はいつか…

なぜ人と違う服を着たいと思うのか。

ある人によれば、外見は内面の一番外側、らしい。それが誰の言葉だったかは忘れてしまったから、誰が言ったかではなく何を言ったかが重要なのだと言い訳をして、思い出すのをやめた。 僕はたまに、他の人と違う服装をしたくなる。通勤電車ではスーツを着てい…

視野は視点の公倍数か公約数か

経験は視点を増やし、視点を増やすことができれば視野が広がる、と僕は思っていた。 つまり、視野を広げるためには経験を積めば良い、と考えていたのだ。 しかし、果たしてそれは正しいのだろうか? 今日、ある人がこんなことを言っているのを聞いた。 経験…

背伸びすると身長が伸びるらしい

習慣というものは、思った以上に扱いが難しい。 このブログを毎日更新するという習慣が、昨日途切れてしまった。昨日は祝日で、だからいつもと1日の過ごし方が違っていた。そんな変化にひと月で積み上げたと思っていた習慣は脆く崩れてしまった。 幸い、この…

カーナビに憧れる秋の夜

カーナビは素晴らしい。 カーナビには仕事の仕方を学ぶことができる。いや、学ばなくてはならない。 カーナビの目的地は明確だ。 一方、僕は目的地が曖昧なことばかりだ。 カーナビは、決められた目的地に向けて最適な道を導き出す。 一方、僕は最適な道がわ…

学習×成果=超楽しい

学習の成果というのは、ふと訪れるものなのかもしれない。 今日、今まで仕事で使うために学んでいた言語が、ようやく身についてきた実感を得た。以前はずっとコピペに頼ってばかりいたのだけれど、基礎を学ぶと次第に使い方が分かるようになるものみたいだ。…

全自動で回る金曜の午後

冬は空の青さも乾いて見える。 木々の輪郭がシャープに見えるのと同じように、冬は自分とそれ以外との境界がはっきりと感じられる季節のようだ。 自分が自分であって、他人が他人であることを再認識する。それは、それぞれの持つ違いに価値を見出すというこ…

今日からボキャ貧に立ち向かおう

考えることを考える、ということを始めようと思う。 何かを成すためにはまず行動する必要があって、行動を起こすには考える必要がある、と思っている。ただ、一口に考えるといったところで、何をどう考えるかという問題があって、だから考えるための方法を確…

紅葉と夕焼けは美味しそうな色をしている

子どもの頃、オレンジとピンクのクレパスを混ぜて色を塗るのが好きだった。クレパスというのは、クレヨンと色鉛筆を足して二で割ったような画材だったと思う。その色は空気の澄んだ日の夕焼けの空にもどこか似ていて、美味しそうな色だった。 今日、紅葉の木…

ひとりでもひとりじゃない

このブログ以外にも、複数の日記を書いている。業務の記録をしたものと、仕事に関する行動と思考を書き残すもの、そして適当に感じたことを一言二言でも残すように使用しているもの。 最近はブログを書くことが習慣として定着してきたこともあり、それ以外の…

週末前夜のネガティブ

電車の中、目の前の人が立ちながら船を漕いでいる。いや、吊革につかまったままくるくるしている。左前方には、扉の横に立つ人がいて、優先席の側面に寄りかかっている。コートのベルトが座席側にはみ出していて、席に座る壮年の男性が顔をしかめるのが目の…

今日の気づき。仕事は知恵比べのもうなもの。

仕事は知恵比べだ。と、ふと感じた。 どれだけ事業と自己を改善させるための知恵を出せるか。考え続けることができるか。他社よりも誰よりも。 早く、多く、継続して、知恵を出した人が勝つ。そういうルール。 なるほど。だとすれば僕は、正直言ってまったく…

5年後の自分へ。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年後、29歳の自分へ。 早いね、もうアラサーじゃん。 元気ですか? まだ、ちゃんと生きていますか? 辛うじて生きてるとかは、ありそうだけど、勘弁してください。 周りの人は元気にし…

年末調整にココロオドル

年末調整の説明会に参加した。 あまりにもわからなくて、面白くなってきた。 まず単語の意味がわからない。そして日本語難しい。これが学力の差というものか! 経営者はみんなこれやってるのかな。すごい。 まるでできそうにない、と思えることに立ち向かう…